×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランドセル天使のはね メゾピアノ

ランドセル、ピカピカの1年生にはピカピカのランドセルが祖父母や親には当たりまえのようになっています。
デザインや色に凝ったランドセルが目立ちますが、毎日のように使用するものだけに、子供の体に合うかどうか、6年間使用できるかどうかがひじょうに重要なポイントですね。
子供服メーカのナルミヤ・インターナショナルが展開するブランドであるランドセル メゾピアノやランドセル ポンポネットは非常に人気があり、お気に入りのランドセルを手に入れようと、お母さんたちが早くから情報を交換しているようです。
ランドセルを購入する場合、色は子供に選ばせ、親としては背負いやすさや壊れにくさを確かめています。
積極的にランドセルを選ぶのは女の子で、ピンク系の色を選ぶ子が多いですが、祖父母がランドセルを贈る場合は赤が多いようです。
男の子のランドセルは相変わらず黒が主流ですが、青や緑の色のランドセルも増えてきています。

ランドセル天使のはね 送料無料のお店はここ

ランドセル サンヅメイトかセイバン

こだわりは機能性も大切です。スポーツバッグメーカであるサンヅメイトは、背負いやすさへのニーズの高まりからハネッセルのブランドで、ランドセル市場に参入している。
登山用リュックサックに使用されている肩ひもやウェストベルトを取り入れ、背中にぴったりと当たるようにしている。
従来品より4割程度重いにもかかわらず、肩にかかる負担が7分の1になることもあるとのこと。
サンヅメイトの木村一成さんは、「ランドセルは軽い方がいいと思いがちだが、重要なのはフィット感。お店で子供に背負わせて確かめて欲しい」と述べている。
ランドセルのトップメーカであるセイバンは、肩ひもの形を工夫して肩への負担を減らすランドセル天使のはねを大ヒットさせているが、新たに、背あてに水平の凸凹を設けて、身長が伸びても凸部が背中や腰に当たる位置が変わっても、安定して背負える新機構せみねのランドセルを販売しています。
セイバンの泉正義社長は、「6年間使えて、体の負担にならないようなものが今後もますます重要になっていく」とランドセルの将来を述べている。

ランドセル天使のはね 送料無料のお店はここ

ランドセルは修理可能

ランドセルは6年間使用でき、体の負担にならないで、子供のために選ぶ必要があります。
一年生からランドセルを使い、6年間の使用中に修理対応は可能なのでしょうか。
ランドセル用人工皮革メーカーが調査した結果では、6年生までランドセルを背負っている小学生が69.5%も占めています。
肩ひもや、脇のフックの破損によりランドセルを使用しなくなるようですので、日本かばん協会ランドセル工業会の会員企業は6年間の保証書をランドセルに付け、修理態勢を整えています。
保証書は紛失しないように管理しましょう。
ランドセルの購入価格の調査結果では、高級志向が進んでいることもあり、平均3万3千円程度のランドセルの購入で、今後、原材料の高騰が影響し、価格上昇につながることが考えられます。
ブランドのランドセルでは、6万円から7万円以上もするものもあるようです。祖父母も大変です。

送料無料のランドセル天使のはねを見る
Copyright © 2008 ランドセル天使のはね メゾピアノ